• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

歯周病治療・予防歯科

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

歯周病ってどんな病気?なぜ怖いの?

なぜ歯周病は早く治したほうがいいのでしょうか? 歯周病は初期段階のうちはほとんど自覚症状がなく、気づかないうちにどんどん進行します。そして、気づいたときにはかなり進行してしまっているというケースも少なくないのです。放っておくと歯を支えている歯周組織が溶かされてしまい、健康な歯が抜け落ちてしまうこともあります。そういった事態を回避するには、早期発見・早期治療に努めることが大切です。

  • 健康な歯ぐき
  • 歯周病が進行した状態

日本の成人男女の約8割は、歯周病罹患者もしくはその予備軍であるといわれています。つまり、決して他人事ではないということ。「自分はまだ大丈夫」と思わず、「自分も気をつけなきゃ」と考え、ご自宅でのプラークコントロールや歯医者での予防に努めましょう。

歯周病のサイン

以下のような症状があったら、それは歯周病が進行しているサインかもしれません。気になる症状がありましたら、悪化する前に茨木市の「有馬歯科クリニック」までお越しください。

  • ブラッシング時に血が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきが紫色になっている
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきがムズムズする
  • 歯ぐきがぶよぶよしている
  • 歯が伸びたような気がする
  • 歯がグラグラする

歯周病の原因

生活習慣病のひとつと考えられている歯周病。その原因はさまざまです。毎日の口腔内ケアの不足とともに、次のような生活習慣がある場合は注意しましょう。

歯周病のリスクを高める生活習慣
喫煙する タバコの煙に含まれる有害物質が口の中の粘膜から吸収されることにより、歯周病のリスクを高めます。喫煙習慣がある人はそうでない人に比べて約4倍歯周病になりやすいという報告もあります。
間食が多い 間食が多いと歯周病菌の栄養分である糖分が長時間口の中にある状態になるので、細菌が増殖しやすい環境をつくってしまうことになります。
よく噛まずに食べる よく噛まないで食べると、口腔内の細菌を洗い流す効果がある唾液が十分に分泌されないので、細菌が増殖しやすくなります。
ストレスをためている ストレスや疲労をためることにより免疫力が低下し、歯周病を含むあらゆる感染症にかかりやすくなります。
歯周病は全身に影響を与えることがあります

歯周病は、実はお口の中だけの病気ではありません。次のような全身疾患とも深い関連があるといわれています。

心臓病 歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなります。そのため、心臓の病気(心筋梗塞や狭心症など)を招くことがあります。また、動脈硬化や脳梗塞などのリスクも高まります。
糖尿病 糖尿病と歯周病には深い相互関係がみられ、互いの症状の悪化を誘発することがわかっています。血中糖度が高まり、唾液中の糖度が上がることもその理由と考えられます。歯周病菌がインスリンの働きを阻害すると、高血糖状態になりやすく、高血糖状態になると歯ぐきの血管が傷み、歯周病が進行する、という悪循環が生じます。

歯周病の検査方法

歯周ポケット検査

進行するにつれて歯周ポケットが深くなる歯周病は。そのため、「プローブ」という器具を用いて歯周ポケットの深さを測り、進行度を確認します。

レントゲン検査

歯周病が進行すると、骨密度が低くなります。レントゲンで顎の骨の状態や骨密度を調べることで、歯周病の進行度を確認します。

プラークの検査

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の付着状況を調べ、歯周病になりやすい部位などの特定に役立てます

歯の動揺度検査

歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶け出して、歯がグラついてきます。この検査では、ピンセット状の器具で歯をつまみ、グラつきの程度を調べます。

おもな歯周病治療法

スケーリング

歯周ポケットがそれほど深くない、比較的軽度の歯周病の治療法です。「スケーラー」という器具を使い、毎日のブラッシングではなかなか落とせないプラークや歯石を取り除きます。

SRP(スケーリング&ルートプルーニング)

比較的軽度の歯周病に対して行う治療法です。スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分に付着するプラークや歯石を、「キュレット」という器具を使って除去します。

歯周ポケット掻把(そうは)術

局所麻酔をして歯周ポケットの奥深くにたまったプラークや歯石を除去し、歯周病に感染した歯ぐきの一部を削り取る外科処置です。術後のケアにより、除去した歯ぐきが再生し、元の状態まで回復を図ります。

予防歯科は何をするところ?

歯周病は虫歯同様、その原因がハッキリしているため、適切な対策を行えば予防できる病気です。そのためには、毎日のブラッシングによるご自宅でのケアと定期的な歯科医院でのケアが大切。予防歯科を上手に活用していただければ、自分の歯を健康に保つことができます。なるべく長くご自分の歯でお食事を楽しんでいただくために、予防歯科があるのです。

予防歯科メニュー

ブラッシング指導

お口のトラブル予防に欠かせない毎日のブラッシングを効果的に行えるよう、患者様一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法を指導します。歯ブラシの選び方や持ち方、動かし方などをお伝えします。

フッ素塗布

歯質を強化する効果があり、歯の再石灰化を促すフッ素を歯の表面に塗布する処置です。フッ素には細菌の繁殖を抑制する働きもあるので、定期的な塗布がおすすめです。

PMTC

口腔ケアのプロによる、専用機器を用いた歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落としきれない、歯と歯の間、歯周ポケットなどにたまったプラークや歯石を徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽微な色素の除去や口臭予防にも効果があります。

噛み合わせチェック

噛み合わせの乱れは噛む力のバランスを崩し、顎や顔つきだけでなく全身のゆがみを引き起こす原因になることがあります。ブラッシングがしづらいと虫歯や歯周病を招くこともありますので、噛み合わせのチェックは大切です。

なぜ定期検診をするのでしょうか?

お口の健康のために一番いいのは、虫歯や歯周病を未然に防ぐことです。一度、虫歯や歯周病になってしまうと、いくら適切な治療をしてもお口が元通りになることはありません。また、治療による身体的・経済的な負担もかかってしまいます。

歯科医院で定期検診を受けていれば、虫歯や歯周病にかかってしまったとしても、早期発見・早期治療につながります。病気の再発を防ぐためにも2~6ヶ月に一度は歯医者で定期検診を受け、自分の歯をできるだけ長く健康な状態に保ってください。南茨木の「有馬歯科クリニック」では、患者様のお口の状態に合わせてリコールはがきをお送りしています。はがきが届きましたら、ご来院ください。

このページの先頭へ