• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

審美歯科・ホワイトニング

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

なぜ審美歯科ではセラミック素材を使うの?

審美歯科は、噛み合わせも整えながら口元のきれいな見た目を手に入れられる歯科診療メニューです。「銀歯が目立つ」「歯並びをきれいにしたい」「歯の色が気に入らない」などのお悩みがある方は、審美歯科の受診をご検討ください。

銀歯を白いセラミック素材などに替えることで、噛む機能を整えながら見た目を美しく健康的に仕上げる――というのが審美歯科の目的ですが、それだけではありません。審美歯科で銀歯(金属)をセラミック素材に替えるのには、「見た目」意外にも理由があるのです。

セラミックの治療は自費診療です

セラミックを用いた治療は保険が適用されない自費診療扱いになります。茨木市の歯医者「有馬歯科クリニック」では患者様の経済的負担も考え、基本的には保険診療での最適なご提案を行っていますが、見た目や銀歯の問題でお悩みの患者様には審美歯科治療をおすすめします。お気軽にご相談ください。

金属アレ ルギーの原因は口の中?

これまで保険診療の虫歯治療で当たり前のように使われてきた銀歯ですが、見た目が美しくないだけでなく、金属アレルギーを引き起こす原因になりうることが明らかになっています。原因不明の肌荒れ、かゆみ、かぶれ、湿疹、倦怠感といったトラブルは、お口の中にある銀歯のせいかもしれないのです。

  • 銀歯がもたらすデメリット
  • 口を開けた際に目立つ
  • 経年劣化しやすい
  • プラークが付着しやすい
  • 硬いので噛み合う歯を傷つけることがある
  • 金属イオンが歯茎を黒ずませることがある
  • 金属アレルギーの原因となり得る

お口の中の金属は長い年月の間にイオン化して溶け出し、そのイオン化した金属が体内に取り込まれてアレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、当院の審美歯科ではメタルフリー(金属を使わない)治療をご案内しています。

取り扱っている審美歯科素材

メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せものです。

メリット

  • ジルコニアと比較するとリーズナブルです
  • 耐久性に優れ、奥歯を含めほとんどの部位に使用可能です

デメリット

  • 経年によって歯の根元が黒ずんでしまうことがあります
  • 金属アレルギーを引き起こす心配があります
  • ジルコニアと比べると透明性や色調が劣ります
ジルコニア

人工ダイヤモンドの素材にもなるジルコニア。セラミックの中でもっとも美しい素材といわれており、詰めもの・被せものに使われます。

メリット

  • 見た目が天然歯によく似ていて審美性に優れています
  • 金属並みの硬さがあり、強度に優れています
  • 割れにくく、ほとんどの部位に使用できます
  • 金属アレルギーの心配がありません

デメリット

  • 費用が比較的高額になります
  • 修理・調整に時間がかかることがあります

ホワイトニングってどんなもの?

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに薬剤を使って歯を白くする処置のことです。いつもしっかりブラッシングをしっかりしているのに、いつの間にか黄ばんでしまった歯。それは、色の濃い食べものや飲みものによる色素沈着、タバコのヤニ、加齢などが原因かもしれません。噛み合わせなどに問題がない場合は、審美歯科治療よりも手軽に行えるホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。より早く白い歯を手に入れたいという方には「デュアルホワイトニング」をおすすめしています。

オフィスホワイトニング

高濃度の薬剤を歯に塗布し、そこに特殊な光を当てて歯を白くします。オフィスホワイトニングの効果には個人差がありますが、1回のホワイトニングでも効果を実感できます。色の後戻りが起こりやすいというデメリットはありますが、結婚式や面接など、大切なイベントに向けてお急ぎの方におすすめです。当院では「GC」「ビヨンドホワイトニング」のシステムを使用しています。

ホームホワイトニング

歯科医院で作製したマウストレーに薬剤を入れ、ご自宅で都合のよい時間に装着する方法です。オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使いますので、即効性はありません(白さを実感するまでに2週間程度かかります)が、歯への刺激が少なく、色の後戻りもしにくいのが特長です。より天然の歯(透明色)に近づけることができます。当院では「GC」の製品を使用しています。

ホワイトニングを行う際の注意点

  • ホワイトニング期間中は、色の濃い飲食物(ワイン・カレー・コーヒーなど)の摂取や喫煙は控えてください
  • 人工物(詰めもの・被せものなど)は白くできません
  • 虫歯や歯周病などがある場合は、そちらの治療が優先となります
  • 口腔内の状態によってホワイトニングができない場合もあります
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には、効果があらわれにくい場合があります
  • ※妊娠中の方はホワイトニングを受けられません
  • ※歯の白さを維持するために、メインテナンスを受けましょう

このページの先頭へ