• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

小児歯科

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

乳歯の虫歯は必ず治療すべき?

乳歯は永久歯に比べて歯質がやわらかく、抵抗力も低いため、虫歯になりやすいという特徴があります。乳歯が虫歯になっても、「そのうち永久歯に生え替わるから……」と安易に考えてはいませんか? 乳歯の虫歯を放っておくと、一生お世話になる永久歯にトラブルが及ぶこともあります。また、乳歯が不健康だとお子様の噛む力や食べる意欲に影響し、健やかな成長を阻害しかねません。そのため、虫歯の治療や予防が大切なのです。

茨木市の歯医者「有馬歯科クリニック」では、歯科用レーザーを活用した「なるべく痛くない治療」を行っています。お子様のお口の健康を守れるのは親御様だけ。お子様が虫歯になってしまった場合は、すぐにご相談ください。

子供の虫歯は親から移るって本当?

本当です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しません。お子様のお口に潜む虫歯菌のほとんどは、親御様が食べものを口移ししたり、スプーンや食器を共有したり、キスしたりすることにより、唾液を介して感染してしまうといわれています。

赤ちゃんを虫歯から守るために

  • 口移しをしない
  • 赤ちゃん専用のスプーン、お箸、食器を用意する
  • 家族全員がお口の中を常に清潔にしておく

3歳くらいまでに虫歯菌に感染していなければ、永久歯が虫歯になるリスクがかなり軽減されることがわかっています。なかなか難しいことですが、虫歯菌をできるだけお子様に移さないように気を配ってあげましょう。乳歯のうちからお子様の歯をしっかり守るには、毎日のケアのほかに、歯医者さんでのフッ素塗布などが有効です。まずはお気軽にご相談ください。

仕上げ磨きをしましょう

なぜ、仕上げ磨きが必要なのでしょうか? 先にご説明したように、乳歯の頃からのお口のケアが永久歯の健康にも大きく影響するからです。健康維持のためには毎日のブラッシングが欠かせませんが、小さなお子様が自分ですみずみまできれいに歯を磨くのは非常に難しいこと。10歳くらいまでは、親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

仕上げ磨きの姿勢
  • 親御様が足を伸ばして座り、その上にお子様を仰向けに寝かせます
  • 親御様の両足でお子様をやさしくはさみ、お口の中を上からのぞきこむようにします
  • 歌などをうたいながら、すみずみまでやさしく磨きましょう
仕上げ磨きのポイント
point01
歯ブラシはペンを握るように持ちます。そうすることで、歯ブラシの毛先が寝てしまわないくらいの力加減で磨くことができます。
point02
ゴシゴシと横にこすらず、毛先を細かく動かして歯と歯の間までしっかり磨きましょう。1ヶ所につき10回ほど、細かく振動させます。そして少しずつ移動していきます。
point03
お口の中の鼻の下あたりにある筋はとても敏感です。その部分は指で隠すなどして、お子様が痛がらないように気をつけてください。

小児歯科の処置方法

お子様の歯の健康を守るたもえの予防処置についてご紹介します。虫歯になってしまった場合、当院では痛い治療が嫌いなお子様のために「Arwin」のレーザー機器を使用してなるべく痛くない治療に努めています。永久歯の虫歯の場合には麻酔も行いますので、ご不明点はお気軽にご相談ください。

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングです。お子様の歯の生え方や生え替わり時期に適した歯ブラシの選び方や正しいブラッシング方法を指導します。親御様には仕上げ磨きのコツをお教えしますので、毎日のケアに活かしてください。

フッ素塗布

永久歯に比べて、虫歯への抵抗力が弱い乳歯。フッ素塗布は、歯質を強くするフッ素を歯の表面に塗る処置です。フッ素には、歯の再石灰化を促す効果もあります。虫歯予防の効果を上げるには、定期的なフッ素塗布がおすすめです。

シーラント

シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置です。乳歯や生えたての永久歯に効果があります。

過剰歯の抜歯

本来生えるべき本数以上に歯が生えてくることがあり、これを「過剰歯」といいます。過剰歯は周囲の歯並びに悪影響を及ぼすことが多いので、ほとんどの場合は抜歯となります。不自然に生えている歯がありましたら一度ご相談ください。

親知らずについて

「親知らず」とは、永久歯が生えそろってから奥歯の奥に生えてくる前から8番目の歯のこと。人によって生えたり生えなかったりする親知らずですが、10代後半くらいから生え始めることがあります。

親知らずの抜歯について

お口にさまざまなトラブルを引き起こすリスクが高い親知らず。南茨木の「有馬歯科クリニック」では、生えてくる前の段階(歯胚)での抜歯をおすすめしています。10代のこの時期に抜くことで、将来親知らずを抜歯する際に神経を傷つけるリスクを回避できるだけでなく、歯が小さいうちに抜歯するのでお子様の身体的負担も少なくて済みます。難症例の場合は、大学病院などをご紹介いたしますので、ぜひご検討ください。

このページの先頭へ