• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

矯正歯科・顎関節症治療

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

どうして歯並びを整えたほうがいいの?

「歯並びが気になって人前で食事したり笑ったりできない」というお悩みやコンプレックスはありませんか? 歯並びが気になる方には、矯正治療がおすすめします。歯並びをきれいに整え、口元を自然で美しくすることには、さまざまなメリットがあります。きれいな歯並びやトラブルのない嚙み合わせを手に入れたい方は、南茨木の歯医者「有馬歯科クリニック」にご相談ください。

矯正治療がもたらすメリット

歯並びが整い、不正咬合が改善されることで見た目が美しくなりますが、それ以外にも矯正治療を受けることにはさまざまなメリットがあります。

  • 咀嚼機能を高めて
    胃腸への負担を減らす
  • 歯の清掃性を高めて
    病気を予防しやすくする
  • 顎関節症になる
    リスクを減らす
  • 頭痛・肩こりが
    消する可能性がある
  • 正しい発音が
    しやすくなる
不正咬合の原因

不正咬合の原因は様々で、それぞれ治療法が異なります。
あごなどの顔面骨格の形や長さ、前後の位置などが影響する「骨格性」、歯の生え方や大きさが影響する「歯性」、舌を前に出すクセや指しゃぶりなどの「機能性」の3つの原因に分かれます。また猫背やうつぶせ寝、横向き寝なども歯列不正や不正咬合の原因になります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 反対咬合(はんたいこうごう)下顎前突(かがくぜんとつ)
「出っ歯」とも呼ばれる噛み合わせで、上の前歯が大きく前に突き出している状態です。出ているのが前歯だけの場合や歯列全体、もしくは上顎ごとの場合があります。原因もさまざまで、遺伝のほか、上下顎の成長のバランスの崩れ、指しゃぶりなどが考えられます。 「受け口」とも呼ばれる噛み合わせで、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。上下顎の骨格に問題がある場合と、上の歯が後方に傾斜して起こる場合があります。噛む力が弱くなる、発音が不明瞭になるなどの問題が生じやすくなります。
叢生(そうせい) 空隙歯列(くうげきしれつ)正中離解(せいちゅうりかい)
歯並びがデコボコにズレていたり、重なって生えていたりする状態です。歯に対して顎が小さく、きれいに並ぶスペースが足りない場合に起こりやすい歯並びで、代表的なのは「八重歯」です。 「すきっ歯」とも呼ばれる、歯と歯の間にすき間がある状態です。顎に対して歯が小さい場合や、歯の本数が足りない場合に起こりやすくなります。食べものが挟まりやすかったり、目立ったりします。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
左右いずれかの上下の歯並びが一部だけズレて、スライドするように交叉している状態です。咀嚼時に奥歯で食べものをすりつぶす動きが阻害されやすいうえ、前歯の中心がズレて顔がゆがむ恐れがあります。 奥歯を噛み合わせた際、上下の前歯が閉じずに開いてしまう状態です。前歯で食べものを噛み切ることが難しくなり、空気がもれて発音に影響することも。指しゃぶりが原因となることが多いといわれています。
過蓋咬合(かがいこうごう)  
 
歯の噛み合わせが極端に深い状態です。前歯が下の歯に大きくかぶさり、奥歯に比べて強くあたっています。そのため上の前歯に隙間ができたり、下の歯で上顎の裏の歯肉を噛んだり、上顎を傷つける、歯肉炎になるといったトラブルを起こすこともあります。  

顎関節症ってどんな病気なの?

顎関節症とは、顎の痛みや違和感が慢性的にあらわれる症状の総称です。

代表的な症状

顎が鳴る 顎を動かしたときにカクカク、シャリシャリという音がする
顎が痛い 食べものを噛んだときや会話のときに、顎関節やこめかみが痛くなる
口が開けづらい 顎関節が痛くて、無意識に口を開けないようにしてしまう
口が閉じない 上の歯と下の歯の間にすき間ができて、口が完全に閉まらない
噛み合わせに違和感がある 突然、歯が噛み合わなくなる

顎関節症は噛み合わせの改善で治せます

顎関節症の原因はさまざまですが、噛み合わせの乱れがおもな要因のひとつといえます。なぜなら、噛み合わせの乱れは顎関節にかなりの負担を強いてしまうからです。また、歯ぎしりや食いしばりも噛み合わせの乱れが原因。しかもその歯ぎしりや食いしばりがさらに顎関節に負担をかけてしまうので、顎のトラブルにつながりやすくなります。

外傷が原因である場合を除き、噛み合わせの乱れを改善することが顎関節症の痛みの緩和につながります。

噛み合わせ改善のための治療

茨木市の「有馬歯科クリニック」では、クラウン(被せもの)やブリッジ(連結した被せもの)による補綴治療、入れ歯治療、インプラント治療、矯正治療などの選択肢の中から、患者様一人ひとりの噛み合わせ改善に最適な方法をご提案します。治療は必ずしもひとつを選ぶのではなく、いろいろと組み合わせて行う場合もあります。「噛み合わせが気になる」「顎関節症かもしれない」という方は、まずご相談ください。

部分矯正MTMとは?

MTM(Minor Tooth Movement)は、「小矯正」とも呼ばれる部分的な矯正治療です。歯列全体を動かす矯正とは異なり、移動させたい歯だけを矯正する治療法で、補綴治療やインプラント治療をするにあたり、事前に歯並びを修正する必要がある場合に行います。また、前歯の一部がデコボコしている場合にも有効な矯正法です。

MTMのおもな治療内容

MTMの目的は「挺出(ていしゅつ:引っ張り出すこと)」と「整直(せいちょく:直立させること)」の2種類です。

挺出 整直
歯周病などで歯がグラついているときは、矯正装置をつけて歯を引き出し、顎の骨全体をあげてからブリッジをかけます。また、お子様の乳歯が斜めに生えていたり、永久歯が生えるスペースが足りなかったりする場合に、永久歯を引っ張りだしてきれいに生えるように誘導します。 歯を失ってしまったままにしておくと、となりの歯が少しずつ傾いてきます。矯正装置をつけてこの傾いた歯をまっすぐに整えることで、インプラントを埋入するスペースを確保します。
MTMのメリット
  • 本格的な歯列矯正よりも治療期間が短くて済みます(3~6ヶ月程度)
  • 保定期間(矯正した歯の後戻りを防ぐ固定期間)が不要になります
  • 歯周病が進行した場合に、歯と歯のすき間を埋めることができます
  • 神経を取らなければならない歯でも残すことが可能です
  • 年齢に関係なく行えます

このページの先頭へ