• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

噛み合わせとアンチエイジング

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

なぜ噛み合わせの乱れを整えるべきなの?

お食事や発音にとくに大きな影響がない噛み合わせの乱れは、なかなか気づきにくいもの。しかし、そのままズレや乱れ放置してしまうと、お口の健康を害するだけでなく、全身の不調の原因となることがあります。

噛み合わせに違和感がある方、原因がわからない全身の不調にお悩みの方は、茨木市の「有馬歯科クリニック」へ一度ご相談ください。

嚙み合わせのことならご相談ください

当院の院長・有馬はスポーツ歯学学会に所属しており、「歯とスポーツ」「嚙み合わせと全身の健康」などの関係性について研究を重ねています。運動部やスポーツクラブなどで活動されている中学生・高校生・社会人の方にアドバイスをさせていただくこと可能です。

噛み合わせと全身の不調

噛み合わせを治療した患者様から、「肩こりがよくなった」「偏頭痛が治まった」という感想をいただくことがあります。次のような症状がありましたら、それは噛み合わせの乱れが原因かもしれません。

噛み合わせと顔のゆがみ

いつまでも若々しく健康であり続けたい――これは、誰もが願うことではないでしょうか? 鏡の前で、「いつまでもいい笑顔でいたい」と思っている方も多いはず。ですが、顔がゆがんでいたり表情が不自然だったりすると、なかなかいい笑顔にはなれません。

顔のゆがみは、噛み合わせの乱れによる影響が出やすいポイントです。噛み合わせの乱れによって顎の動きが制限されたり、咀嚼筋に過度の緊張をもたらされたりすることで表情筋が不自然に動くため、顔にゆがみが生じてしまうのです。また、無意識に行っているクセが、噛み合わせの乱れや顔・身体のゆがみにつながってしまうこともあります。

こんなクセはありませんか?

  • 睡眠中に歯ぎしりや噛みしめをしている
  • いつも片側だけで噛んでいる
  • 頬杖をつくことが多い
  • いつも足を組んで座っている
  • 睡眠の体勢がいつも同じ方向(横向き)である
  • 合わない枕を使用している
  • いつも同じ側でバッグを持ったり、肩にかけたりする

顔や身体のゆがみを改善するためには、原因となる日常のクセを直しつつ歯医者で噛み合わせの乱れを整えましょう。アンチエイジングへの第一歩は、噛み合わせを改善すること。それが、いつまでも若々しくすごすことにつながります。

噛み合わせと肩こり

肩こりは姿勢が悪く、バランスが左右対称でないと起こりやすくなるといわれています。噛み合わせに乱れがあると、上下の歯の中心線にズレが生じ、頭の位置が重心から外れやすくなります。そのため顎関節を支える筋肉や首の筋肉に負担がかかり、つながっている肩の筋肉にも影響することで肩こりの症状があらわれるのです。 肩こりだけではありません。同じように首筋のこり、「筋収縮性頭痛」の症状がある方の多くに噛み合わせのズレがみられます。骨盤の前傾による体のゆがみや腰痛にも、噛み合わせが関わっていることがあるのです。

「顎が痛い」「顎が鳴る」「口が開けづらい」などの症状が慢性的にある顎関節症は、噛み合わせのズレや乱れと関連がある場合が多いと矯正歯科・顎関節症治療のページでもお話しました。噛み合わせを整えることで、そうした症状は緩和されるかもしれません。気になる症状がありましたら、南茨木の「有馬歯科クリニック」へお越しください。

このページの先頭へ