• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 歯周病・予防
    • 審美・ホワイトニング
    • 入れ歯・インプラント
  • 噛み合わせと全身の関係
  • 院長紹介・医院概要
  • アクセス
  • 診療予約

一般歯科

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

なぜ虫歯は早く治したほうがいいの?

初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどない虫歯。そのため、違和感を自覚したときにはかなり進行してしまっているという可能性もあります。痛みを我慢して放っておいてしまうと、最悪の場合には歯を失ってしまうことも……。

「歯が痛い」「歯がしみる」という症状が出たら、それは虫歯のサインかもしれません。放っておいても自然に治ることはありませんので、早めに歯科医院に行きましょう。茨木市の歯医者「有馬歯科クリニック」では、重度の虫歯治療である「根管治療」にも対応。また、歯科治療が苦手という方にもしっかり来院して治していただけるように、レーザーによるできるだけ痛くない治療も行っています。

虫歯かも?と思ったら早めに治療しましょう

虫歯は、お口の中の食べカスに含まれる糖分を栄養源にして虫歯菌が酸をつくり出し、その酸によって歯が溶かされる病気です。早期に治療を始めれば簡単な治療で済みますが、悪化させてしまうと治療が複雑になり、通院回数も治療費も増えてしまいます。

そうならないためには、虫歯を早く治すことが重要です。虫歯かな?と思ったら、なるべく早めに歯科医院に行きましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白濁している状態です。痛みなどの自覚症状はありません。 ごく初期の虫歯の場合は、適切なブラッシングやフッ素塗布によって治癒することがあります。

C1エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんで見えます。痛みは感じませんが、冷たいものがしみることはあります。 虫歯になっている部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質に虫歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みを感じるようになります。 虫歯になっている部分を削り、詰めもの(インレー)で補います。

C3神経にまで達した虫歯

象牙質のさらに奥の神経まで虫歯に侵された状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療が必要です。治療が終わったら、その上に被せもの(クラウン)を入れます。

C4歯根にまで達した虫歯

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び激しく痛み始めます。 多くの場合、抜歯が必要になります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能回復を図ります。

初期の虫歯は再石灰化で治ります

再石灰化とは、虫歯菌が出す「酸」によって溶かされた歯質を構成しているカルシウムやリン酸などが、唾液やフッ素の働きによって再び歯の表面に取り込まれる作用のことです。歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされた状態であるごく初期の虫歯は、再石灰化を促すことで治せます。茨木市の「有馬歯科クリニック」では、虫歯の予防処置として歯の再石灰化を促すフッ素塗布を行っています。

根管治療ってなに?なぜ必要なの?

歯の神経にまで達した虫歯は、そのまま放置すると抜歯を余儀なくされます。そうなる前に歯の根を残すために行うのが「根管治療」です。

抜歯をしてしまうと、そのとなりの歯が傾いたり、噛み合わせが悪くなったりします。そうなると口腔内環境が悪化し、さらに歯を喪失してしまう可能性が高まってしまうのです。歯を抜かずに歯の根だけでも残すことができれば、そうしたリスクを回避できるだけでなく、顎の骨が大きく痩せてしまうのを防ぐことにもつながります。つまり、重度の虫歯でも自分の歯を残すことができる根管治療は、お口の健康や正しい歯列を保つためにとても重要な処置なのです。

歯根を残すための「根管治療」とは?

根管治療では、歯の中の神経や血管が入っている細い管(根管)の中から虫歯に侵されてしまった組織をきれいに取り除き、内部を洗浄・消毒して薬剤を充填します。根管は細く複雑な形状をしているので、治療には緻密さと繊細さが求められます。

根管治療の流れ

STEP1虫歯部分の除去

虫歯菌に汚染された根管内の神経や血管を取り除きます。

STEP2根管内の計測

根管内を成型し、専用の器具を使って根管の深さを正確に測定します。

STEP3根管内の洗浄・消毒

根管内部をしっかり洗浄し、徹底的に消毒します。

STEP4薬剤の充填

根管内に細菌が入らないように、根管内部に薬剤をすき間なく充填し、密封します。

STEP5土台の形成

残した歯根に被せものを装着するための土台(コア)を作製します。

STEP6被せものの装着

土台に被せものを装着し、歯の機能を補います。

なぜ親知らずは抜く必要があるのでしょうか?

「親知らず」とは、永久歯が生えそろった後から奥歯の奥に生えてくる歯のことです。食生活の変化などから現代人は全体的に顎が小さくなっているので、親知らずが生えるスペースが足りないケースが多くなっています。

すべての親知らずが抜歯の対象となるわけではありませんが、痛みや腫れを伴う場合はほとんどのケースで抜歯が必要になります。また、たとえ痛みがなくても、歯並びを乱すなどの悪影響を与えそうな場合は抜歯と判断されることがあります。気になる親知らずがありましたら、早めに対処することをおすすめします。

親知らずのトラブル

人によって生えたり生えなかったりする親知らず。今日では、まっすぐ生えてくることのほうが珍しいといえるでしょう。斜めや真横を向いている場合は、歯並びや噛み合わせを乱したり、顎関節症を引き起こしたりと、さまざまな悪影響を与えることがあります。

抜歯すべきケース
  • 親知らずが周囲の歯や骨を圧迫して歯並びに悪影響を与えている場合
  • 親知らずが頬の粘膜を傷つけている場合
  • 親知らずと歯ぐきの間に汚れが入り、炎症が起きている場合
  • ブラッシングしにくく、親知らずがむし歯になりやすい状態の場合
抜歯が不要なケース
  • 親知らずが正しい向きでまっすぐに生えている場合親知らずが正しい向きでまっすぐに生えている場合親知らずが正しい向きでまっすぐに生えている場合親知らずが正しい向きでまっすぐに生えている場合
  • ブラッシングがきちんとできる場合

レーザー治療って何?どんなメリットがあるの?

さまざまな医療分野で使われるようになったレーザー治療。最近では、歯科診療にも活用されています。消炎、鎮痛、止血、殺菌、消毒効果のあるレーザー治療は、患者様の負担をやわらげ、診療の効率を上げるのに有効です。そのため、妊婦さんや小さなお子様、高血圧薬などを服用されている方でも安心して治療を受けていただけます。

また、レーザー治療なら削る部分を最小限に抑えられるので、「なるべく削らない治療」「なるべく痛くない治療」にもつながります。レーザー治療のことなら、南茨木の歯医者「有馬歯科クリニック」にご相談ください。

幅広く役立つレーザー治療

当院では、さまざまな治療・処置にレーザーを使用しています。

歯周病

レーザーの殺菌作用によって歯周病菌を減少させます。レーザーはピンポイントで照射するので炎症や痛みなどのダメージがほとんどなく、治癒を早めることが可能です。また、歯周病の予防にも効果が期待できます。

歯ぐきの黒ずみ

歯ぐきの黒ずみの原因であるメラニン色素は、レーザーを数回照射することで除去できます。痛みを感じることなく、健康的できれいなピンク色の歯ぐきを取り戻すことが可能です。

口内炎・口角炎・入れ歯による傷

レーザーの消炎作用と鎮静作用により、口内炎・口角炎の治癒が早まります。入れ歯(義歯)が強く当たってできる傷にも効果的です。1~2回の照射で痛みやしみる感覚をやわらげ、治癒を促します。

知覚過敏

虫歯ではないのに歯がしみる知覚過敏症。これは、象牙細管という歯の神経につながる小さな穴から神経が刺激されることによって起こります。レーザー照射をすることで歯の表面に薄い膜ができ、その膜が小さな穴をふさぐので、知覚過敏の症状を抑えることができます。

虫歯治療

レーザー照射によって虫歯菌を殺菌します。麻酔の必要がなく、痛みもほとんどありません。従来のドリルを使用するときの歯を削る音や振動が苦手な方にも安心してお受けいただけます。ドリルのように、歯を削り過ぎるということもありません。

このページの先頭へ